一人暮らしで犬を飼う。-元保護犬ルナとの暮らし-

一人暮らしで犬を飼い始めて1年が経過。犬を飼う前にたくさんの人のブログを見て色々学ばせてもらったので、今度は私が誰かの参考になれればうれしいです!

ほふく前進しながら排泄。その後、後肢に力が入りにくくなりました。※今は元気になりました※

こんにちは。

あんころです。

 

ルナ、原因不明の匍匐前進と排尿、後ずさり

ルナが匍匐前進しながらの排尿と後ずさり、震えなどを繰り返しており、更新をお休みしていました。

一時は食いしん坊ルナがごはんの途中でフードボウルから離れるというシーンもあり、これはただ事ではないと心配で心配で仕方がありませんでした。

あんころも眠れない日々が続いていましたが、それから4日が経ち、元気に走り回れるところまで回復しました!

記事にするかは悩みましたが、あんころもこの症状が出た時に類似の症状はないか全力で検索しまくりましたので、何かの参考になればと書くことにしました。 

獣医さんに見せるために撮りました。

決まってこの行動の前にはそわそわと後ずさりしていたので撮ることが出来ました。

 

この行動までの時系列は下記の通り。

26日10:45頃 

テーブルの上でブラッシング&歯磨き。

歯磨きの際に保定を嫌がり(唸り等はなく、ストレスを感じている顔)、固まる。

おやつを口元に持っていくが、食べない。(過度なストレス状態?)

そして次の瞬間、テーブルから飛び降りる。(高さは1mくらい)

そのままあんころベッドの下へ逃げ込む。

呼ぶと出て来ておやつを食べた。

11:00

ごはん。

初めは元気よく食べていたが、途中でごはんから離れる。

その後、お座りの姿勢で後ろ向きに進む。(1分~1分半)

動きが止まったので「ごはん」と声をかけると食事を再開。

完食。

 

寝床に向かうが、数十秒~数分置きに移動。

 

11:15頃

床で伏せて休む。

崩したフセの状態で足の向きをころころ変えていたと思ったら、匍匐前進しながら排尿した。

この後から、後ろ足で立ったり、ジャンプしたり、車に飛び乗ったりができなくなる。

 

12:00

かかりつけの獣医さんに電話。(午前診療が終わってしまった為)

つながらず、折り返しの留守電あり。

症状が落ち着いているようであればひとまず様子を見ても大丈夫だが、話を聞く限りでは発作の可能性もあり、定期的に続くようであれば受診してほしい。とのことでした。

 

その後、本犬いたって元気のためお散歩に出てみましたが、すぐに座り込んでしまうため帰宅。

 

14:15頃

お座り姿勢での後ずさり再度をしたため、今から診てもらえるか獣医さんに電話。(午後の診察は16時から)

発作であればすぐに投薬を始めるべきだから病院に来るようにとのことで、病院へ。

 

14:30

病院へ到着。

いつになく興奮している様子のルナ。

動画を見てもらったが、発作にしては意識があり断定できない。

とりあえず採血することになり、この後仕事だったため20時まで獣医さんでルナを預かってもらい、発作的な動きがでるのかどうか見てもらうことに。

診察19時までなのに、延長で預かってくれた獣医さんに感謝。

 

20:00

お迎え。

採血の結果、異常なし。

発作様の症状は出ず。

一晩様子を見ることになりました。(超不安でした・・・。)

 

20:30

帰宅。

帰宅後部屋に入るなり、再び匍匐前進しながらの排尿。

排尿は失禁ではなく、匍匐前進しながらでないとできないくらいの痛みか痺れがあるのかもしれないとこの時点で思いました。

相変わらず食欲はあるが、どうやら頭を下げると症状が強くなるのか、床においた食器で食事をしていると食器から離れてしばらく休み再開するという様子が見られたので、手でフードボウルをもってあげることにしました。

フードアグレッシブの対策しておいてよかった・・・。

 

食事は完食したものの、震えが止まらず(室温22℃)、座ったままうつらうつら。

その後伏せて就寝。

痛みが強いとこのようなことが起こるようです。

 

そして翌朝

27日6:30頃

私が起きるとルナも起き出し、トコトコと歩き出す。

すぐに伏せ、匍匐前進しながらの排尿。

お座り姿勢での後ずさり後、伏せながらパンティング。

しばらく経つと、じっと伏せながらふるえている。

動画は、匍匐前進しながらの排尿が終わった直後です。

手足が突っ張っているようにも見え、やはり発作なのかと不安になりました。

ごはんの準備をしても微動だにせず、フードボウルを見ても動かず、痛みがかなり強そうでした。

 

9:00

開院を待ち、受診。

その後も症状があったが、いずれも匍匐前進しながらの排尿は共通していることを伝えると、

・いずれも意識はあり発作ではない可能性が高い

・排尿に痛みがある可能性がある

・痛みにより通常の排尿姿勢を取れない可能性がある

とのことで、腹部エコー、レントゲン。

ちなみに病院に着いた瞬間、病院が嫌すぎて動き回るルナ。

すぐに座ってしまうものの、病院内では普通に歩くことができ、どうやら神経症状でもなさそうです。

 

そして診察の結果、膀胱に石などはなく臓器にも問題はなく、膀胱炎の可能性は低い。

レントゲンには異常がない。

 

とのことで唯一圧痛を示した右腰部~臀部の痛みが原因の可能性が高いとのことでした。

犬種的には少ないけれど、ごく軽いヘルニアの可能性もなくはないと言われました。

ただ、圧痛も、キャンと鳴くわけではなく、噛むほどでもなく、やめてくれよ!って顔の向きを変えるくらい。

痛みが強いのは間違いないが、ヒトでいう「ぎっくり腰」みたいなものである可能性が一番高いですという感じでした。

家に帰ってググったけど、犬もぎっくり腰ってあるんですね・・・。

消炎鎮痛剤の注射をしてもらい、翌朝からの消炎鎮痛薬を処方してもらい診察終了。

 

ちなみに待合室にも待っている方がいたのだが、なんと1時間もかけてじっくり診察してくださった。

緊急性が高そうな時は順番入れ替えてくれたり、一つ一つ丁寧に動きを見てくれる獣医さんにはいつも心から感謝しています。

 

家に帰ると少し痛みが落ち着いたのか、よく眠っていました。

 

28日朝

診断がついてヒトは久しぶりにぐっすり眠った記憶が・・・

朝起きるとペットシーツに排泄の形跡があり、ホッとしたのを覚えています。

ボールを持ってきて、「投げて!」とせがんできました。

軽く転がすとトコトコと追いかけますが、まだ走れない様子なので投げるのはやめました。

昼頃

元気になればお散歩に出ても良いが、薬で痛みを抑えているだけなので距離は短くすることと言われていました。

試しにリードを見せると嬉しそうに玄関まで来たので、軽くお散歩してみることに。

10分もするとトコトコ歩きになったので、抱き上げて帰ることに。

腕の中でもぞもぞするので地面に下ろすと、匍匐前進と後ずさりをしました。

やはり発作なのか?と少し不安になりましたが、この状態が出たのはこれが最後になりました。

おやつやごはんを催促する元気が出てきました。

 

29日朝

目覚ましの音で元気に起き出しました。

ボールなげて~かまって~とアピールがすごく、かなり元気になったように見えました。

昼頃

10分のお散歩に出ました。

行き帰り自分の足で歩けました。

まだまだ本調子には程遠いですが、少しずつ回復しているのがわかります。

 

そして今朝

休みだしルナはあさんぽには出そうにないし、目覚ましをかけずに眠りこけるあんころを、べろべろ舐めて起こしにきました!

久しぶりに自分の足でベッドにあがれたようです。

ボールを投げると走ります!

相変わらず寝ている時間は長めですが、元気なルナに戻りつつあります。

 

脳炎てんかん、ヘルニアなど色んな病気を調べては不安になっていたあんころでしたが、獣医さんの見立て通り、痛みが原因で変な排泄ポーズをとっていたようです。

むしろあの変な排泄ポーズがなければ排泄できずに膀胱炎とかもありえたわけで・・・

今となっては、ルナ、すげーな。と思いました。

 

匍匐前進しながらの排泄、その後後肢に力が入りにくく見えるというのは、実は7月ごろにも一度症状があり受診しています。(その時は一度の消炎鎮痛薬注射で翌日から軽快)

その時はその2つを結びつけることができずにいたのですが、すでに痛みがあったのかもしれません。

今回は台からの飛び降りがきっかけになったのだと思うのですが、前回は特にそういった受傷機転がなく・・・。

いずれにせよ、経過の観察が必要そうです。

飛び降りで痛みが出る可能性があるとなると、パルクールも種目を考えなければいけないかなぁ・・・。

グルコサミンのサプリはすでに飲んでるけれど、モエギキャップに変えようか悩む。(アンチノールと類似成分なんだとか)

 

今回の件で、すやすやと眠るこの小さな子がいつも隣にいるのは、当たり前ではないんだなぁと改めて気づかされました。

どうかニコニコで元気に長生きしてほしい。
f:id:luna-an-jp:20181130144758j:image

下にあるあんころの部屋着は具合悪くなってからここで寝たがるから貸してあげてます。(笑)

動物は痛くても「痛い」って言えないだけに、ちっちゃな異変に気付けるようにするしかないですよね・・・。

 

まとまりませんが、とりあえずルナは元気です。

大好きでたまらないルナにエールをお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ジャックラッセルテリアへ
にほんブログ村